更新情報とお知らせ

Archives

住宅ケンコウ社はどのような会社ですか?

創業45年で、広島県山口県両県で、10万棟以上のシロアリ防除の実績と約17年前から住宅のインスペクション(建物検査)を行っている専門会社です。インスペクションに関しては、一級と二級の建築士が、国土交通省策定の「インスペクション・ガイドライン」に準拠した、既存住宅検査技術者の登録を受け、安心な検査サービスを提供しています。特に戸建中古住宅の個人間売買瑕疵保険の検査においては西日本で1番か2番の実績を持っています。またリフォーム前の耐震診断・床下調査等は広島県、山口県で多くの建築会社からのご依頼で年間2000棟以上の調査も行っています。

対応エリア・広島県 山口県

床下・天井裏の点検口がない場合、検査はできるのでしょうか?

床下・天井裏を検査するということはその家の構造・劣化について検査する手段ですので、点検口がない場合検査ができないといったほうがいいかもしれません。点検口は必要なものですので、無い場合には設置することをお勧めします。まずはお気軽にご相談ください。通常、床下は台所などの床下収納庫もしくは1階の和室の畳を上げて、下地板を一部外して検査します。天井裏は、押入の天井のベニヤ板がどこか持ち上がる箇所があればそこから検査します。

ホームインスペクション(住宅診断)はなぜ必要ですか?

住宅購入前に、住宅の劣化具合や欠陥の有無、購入後のメンテナンス・リフォーム方法について調べておくことは、安全で安心できる住宅購入のためには必須です。欧米ではすでに常識のホームインスペクション(住宅診断)は、近年になって日本でも急速に根付き始め、常識となるのは時間の問題だといわれています。
また、住宅のプロが、みなさんでは判断できなかったり、見逃してしまうような箇所をチェックすることで、安心感や購入する時の判断の基準が増えていきます

検査・診断のタイミングはいつがよいでしようか?

中古住宅を購入する場合もリフォームする場合にも できる限り契約前をお勧めします。
中古住宅の場合、既存住宅瑕疵保険の付保や耐震適合証明書の発行など検査を行って証明書の発行まで1~2週間かかります。引渡し前に証明書があることで各種優遇措置が受けられることがあり、最低1~2週間前が望ましいといえます。リフォーム時の場合、日常住まわれているご自宅の床下の不具合・劣化・シロアリ被害等、リフォーム工事が始まり、部分的に解体を始めた時にシロアリ被害が発見され、追加工事が必要となることがありますので リフォーム工事の契約前が望ましいと思われます。

1 / 212